朝日出版社ウェブマガジン

MENU

71歳パク・マンネの人生大逆転

パク・マンネ(박막례)
1947年生まれ。故郷は全羅南道(チョルラナムド)霊光(ヨングァン)。「私の人生、これからだ」と叫び、これまでやったことのないことに挑戦するのにためらいがない。英語ができなくてもすぐに友達になり、世界のどこにいてもドラマを見るのをやめられないマニア。ちょっと怖くても面白いと思えばやってみて、失敗してもすっきりと気持ちよく笑い飛ばすパク・マンネは、常に堂々としている。70数年の人生で6つの職業を経験し、現在の職業はYouTubeクリエイター。
インスタグラム @korea_grandma

キム・ユラ(김유라)
おばあちゃんが認知症になる恐れがあるという診断を受けた直後、会社を辞めておばあちゃんとふたり、オーストラリアに旅立った。のちのちもずっと見られるようにと撮影してアップした動画が100万回再生を突破。それをきっかけにYouTubeチャンネル「Korea Grandma」をスタートさせ、2019年6月時点でチャンネル登録者数は90万人を超える(*2020年10月現在で131万人)。「おばあちゃんが楽しむこと」を原則とし、心を込めてYouTubeコンテンツを作っている。
インスタグラム @newrara

訳者紹介:
古谷未来(ふるや・みく)
編集者/ライター/翻訳者。パク・マンネ氏の故郷、霊光に近い光州(クァンジュ)市に4年半在住。全南大学大学院卒業。韓流アイドル雑誌、タレントムック本、韓国文化雑誌『スッカラ』、『本の未来を探す旅 ソウル』(朝日出版社)などの編集にも携わってきた。好きなマッコリは「無等山(ムドゥンサン)」。

著者略歴

  1. 綾女欣伸(あやめ・よしのぶ)

    朝日出版社で編集職。編集した近著に佐久間裕美子『Weの市民革命』、阿久津隆『本の読める場所を求めて』、九螺ささら『神様の住所』、武田砂鉄『紋切型社会』など。編著書に『本の未来を探す旅 ソウル』『本の未来を探す旅 台北』。

ジャンル

閉じる