朝日出版社ウェブマガジン

MENU

【柏書房、イースト・プレス、朝日出版社3社合同フェア】春のK-POP祭り

【春のK-POPコラム】「推しごと」のグローカライゼーション(仁科えい/『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』担当編集)

 『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』では、K-POPシステムのグローカライゼーションに触れられていたが、K-POPの「ファン活動」もいま同様に世界に輸出され、現地のアレンジが加えられている。

 デジタルサイネージが駅に多い韓国では地下鉄広告が「サポート広告」の覇権を握っているが、タイではトゥクトゥクの座席の背面が多くのK-POPアイドルの広告でジャックされている。ほかにも、紙幣を折ったり曲げたりして花束のようにかたどった「マネーブーケ」も、タイのファンからは頻繁に推しに贈られている。韓国では両親に、中国では恋人に、愛情を込めて贈られることはあるが、アイドルへの直接の献金に抵抗がないのは、仏教の国で寺院への「お布施」が日常的に行なわれるタイならでは。黄色・紫・赤・青・緑と「バーツ」のカラバリが豊富なのも、タイで次々と綺麗で鮮やかな「金束」が生まれるゆえんかもしれない。

 最近では、中国でしか見ない応援方法もある。日本と違って、軍関連施設・飛行場周辺以外であればドローンを飛ばせる中国では、推しの生誕をドローンで祝う「人工花火」はいまや一般的。2020年EXOのメンバーの誕生日には、夜空をキャンバスに610台ものドローンを使って絵や文字が描かれていた。

 人海戦術がお得意の中国ならではの、オタクの「推しごと」をサポートするファン組織「バー(吧)」にも驚きは隠せない(当然だが無給)。たとえば某アイドルのバーは、(宝塚の組分けと専科じゃないが)「翻訳組」「美術組」「資源組」「動画組」「詩文組」の5つと、「研修組」に分かれ、総勢50名の大所帯。研修組は昇級試験をパスすることで、正式に配属が決まる。5つの組にはそれぞれ組長がいて、さらにその上に3名の管理者(吧主)がいる。権力を分散するための「三権分立」だそうだ。語学のエキスパートである翻訳組に入るには、各語学試験合格書の提出が必須で、インターンよりも過酷なバーでの経験は履歴書に書けるだろうと強く思う。

 世界的なK-POPのムーブメントとともに、ファンによる「推しごと」もK-POP式が韓国を飛び出し、各国固有の社会背景と融合し、現在進行形で新しいカルチャーを生み出している。これからも世界のファンの動きから、目が離せない。

(仁科えい/朝日出版社編集)


 \ 好 評 発 売 中 !/

K-POPはなぜ世界を熱くするのか
田中絵里菜(Erinam) 著

BTSからBLACKPINK、NiziUまで、
Z世代を中心に世界を熱狂させるK-POP。
そのわけは、音楽でも、パフォーマンスでもなく、
5つの “バリアフリー”にあった。


定価/1700円(税別)
判型/四六判
頁数/240ページ 
発売/朝日出版社


柏書房、イースト・プレス、朝日出版社3社合同フェア
春のK-POP祭り開催中!

対象書籍(『BTSを読む なぜ世界を夢中にさせるのか』(柏書房)、『BTSとARMY わたしたちは連帯する』 (イースト・プレス)、『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(朝日出版社))をすべて購入してSNSに投稿すると、抽選で25名様に“チョア(good)”なオリジナルプレートがあたる!詳しくはこちら→https://www.asahipress.com/special/kpopspringfes/ 


※イメージ

バックナンバー

著者略歴

  1. 朝日出版社編集部

ジャンル

閉じる