朝日出版社ウェブマガジン

MENU

【柏書房、イースト・プレス、朝日出版社3社合同フェア】春のK-POP祭り

【春のK-POPコラム】「モッパン」は韓国料理界の「BTS」!?(八田靖史/コリアン・フード・コラムニスト)

 K-POPの基本的な戦略のひとつに、YouTubeの積極的な利用がある。最新情報をダイレクトにファンのもとへと届け、億の単位にまでのぼる再生回数はそのままプロモーションになり、国境を越えて海外での人気をも高める。その爆発的な拡散力はK-POPの分野だけにとどまらず、K-カルチャー全体を盛り立て、韓国発の動画コンテンツをある種のブランドに押し上げている。

 韓国料理の分野においても、近年は動画発の流行が目立つようになっている。テレビ番組のグルメバラエティも人気だが、YouTubeやSNSで拡散する個人の動画から派手に火が付くことも多い。記憶に新しいところでは、2020年のステイホーム期間に人気を集めた「タルゴナコーヒー」が好例だろう。インスタントコーヒーをクリーム状にホイップし、ミルクにもったりと盛る、一連の過程が動画映えするとして世界中で好評を博した。

 手軽にマネできる調理動画は人気のジャンルだが、韓国発としてその上をゆくのは「モッパン」(食事系動画)であろう。韓国語で「食べる放送」の略だが、日本語においても「モッパン動画」「モッパン系YouTuber」「モッパンセット」(チキンやチーズ系の揚げ物など流行韓国料理の盛り合わせ)のように定着している。それどころか「Mukbang」として世界の共通語にもなりつつある。

 「モッパン」は、トレンドの料理を紹介したり、料理の美味しさを伝えたりするだけでなく、美味しそうに食べる、見ていて気持ちよいほどにたくさん食べる、咀嚼音を楽しむ(ASMR)など、食べる姿そのものも見せるコンテンツだ。YouTuberやインフルエンサー、K-POPアイドルなどが「モッパン」を配信することで、韓国料理のトレンドもK-POPと同じように世界に向けて同時代的に届けられている。

 その発信力と拡散力を考えると、「モッパン」は韓国料理界の「BTS」と表現しても過言ではないように思う。視線の先が「Army」(BTSのファンダム)か、「Yummy」(美味しい)かの違いに過ぎない。



八田靖史(はった・やすし)
コリアン・フード・コラムニスト。慶尚北道、および慶尚北道栄州(ヨンジュ)市広報大使。ハングル能力検定協会理事。著書に『目からウロコのハングル練習帳』(学研)、『韓国行ったらこれ食べよう!』『韓国かあさんの味とレシピ』(誠文堂新光社)、『あの名シーンを食べる! 韓国ドラマ食堂』(イースト・プレス)ほか多数。

\ 好 評 発 売 中 !/

あの名シーンを食べる! 韓国ドラマ食堂
本田朋美・
八田靖史 著 / 西村オコ 絵

ジョンヒョクのとうもろこし麺、タンバムのスンドゥブ、コ・ムニョンの煮卵!
ドラマに出てくる料理が作れる!

定価/1300円(税別)
判型/A5判
頁数/112ページ 
発売/イースト・プレス


柏書房、イースト・プレス、朝日出版社3社合同フェア
春のK-POP祭り開催中!

対象書籍(『BTSを読む なぜ世界を夢中にさせるのか』(柏書房)、『BTSとARMY わたしたちは連帯する』 (イースト・プレス)、『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(朝日出版社))をすべて購入してSNSに投稿すると、抽選で25名様に“チョア(good)”なオリジナルプレートがあたる!詳しくはこちら→https://www.asahipress.com/special/kpopspringfes/


※イメージ

バックナンバー

著者略歴

  1. 朝日出版社編集部

ジャンル

閉じる