朝日出版社ウェブマガジン

MENU

CNN English Express-編集部が見た等身大のアメリカ

〈シカゴ〉アフターコロナに真っ先に見たい景色

(前回までのおさらい)

◆シカゴの魅力を伝えるべく、「アメリカ大好き」なCNNEE編集部員が現地に乗り込んだ。

◆アメリカ人にとって国内旅行先のテッパンはシカゴ。実はその街並みは、日本人にもお馴染みのシーンがたくさん。「この場所、映画で見た」と何度も思えるはずなので、一度は訪れてほしい。

◆近代建築を代表する巨匠 フランク・ロイド・ライト1867年~1959年は、そのシカゴの建築を語る上で欠かすことのできない人物であり、「シカゴの建築物≒ライト」といっても過言ではない!

◆ライトはシカゴ万博(1893年)において日本が出展した「鳳凰殿」から多大な影響を受け、1905年に訪日。その後の作品は、日本の建築物からの影響を反映している。

◆2019年、米国内にあるライトの8つの建築群がユネスコの世界遺産に。シカゴ周辺では世界遺産に選ばれた8つの建築物のうち、「ロビー邸」、そして「ユニティ・テンプル」の2つが楽しめる。

「ユニティ・テンプル」はシカゴ近郊のオークパークにある。ここは、文豪・ヘミングウェイが生まれた生地でもある。

◆しかも、オークパークにはライトの自宅とスタジオがあり、その周りには彼が建築した20戸以上の住宅が集中。建築界では聖地のような場所なので、日本からも多くの観光客が訪れている。

◆映画『ダークナイト』のほとんどのシーンがシカゴで撮影されており、そのハイライトシーンが撮影された金融街にある「ルッカリービル(The Rookery Building)」も必見!

 

久しぶりの更新です!

もうほとんどの方は覚えていないかもしれませんが、前回お伝えした通り、シカゴの映え写真スポットをいくつかご紹介します。これまでシカゴの歴史的建造物を紹介してまいりましたが、実は最近、シカゴは写真スポットとしてブームが来ており、Instagram上でも日本人フォトグラファーによってかなりの量の写真があがってきました(コロナ禍によって今年は落ち着きましたが、再びその流れが戻っています)。

鉄道やビル、川、夜景が同じ場所にコンパクトにそろっていることが背景にあるのだと思います。

 

 

順番に紹介しますね。
絶対に外せないのはクルージングで楽しめる景色でしょう。

※コロナ禍の影響で営業時間などが変わっている可能性がありますのでご注意ください



シカゴに来てびっくりするのは夜景の素晴らしさ。夜景なんてどこも同じだろうなんて思ってましたが、仰天します。
もう何度も何度も書きましたけれど、シカゴは「Windy City」と呼ばれるくらい風がビュンビュン吹き、秋冬は凍てつく寒さなんです。それでも足を止めてじっと見つめたくなる、そういう引力がこの街にはあるのです。

クルージングでは、シカゴ川沿いにある“コーンタワー”(トウモロコシのように見える建物です)の愛称で知られるMarina Cityだとか、ついついトランプタワーと言ってしまうTrump International Hotel&Towerなどの名建築物を一度に楽しめるため、一番人気ツアーになっています。

ツアーはいろいろありますが、例えばこちら「シカゴ・ファーストレディ・クルーズ」ですと、

建築群について建築財団が解説してくれます。財団というとなんだか仰々しいですが、シカゴは建築の街では、多くの観光地でこの財団のガイドさんの解説ツアーを申し込むことができます。

しかもナイトクルージングに乗れば、贅沢に食事を楽しみながら一望できるのです!お酒とおしゃべりに夢中になりすぎて絶景を見逃さないように。

 

EE編集部が利用したクルージングサービス(ここに載っているクルージング写真すべて)は、Odyssey Cruisesというものですので、もし現地に行かれる際は予約してみてください。

 

 

 


旅行や出張を朝から晩まで満喫したい方は、滞在するホテルも素敵な場所を選びたいところ。

全身全霊をかけておすすめしたいホテルが、こちら。本当は教えたくないくらい。

(ちなみに、取材で現地に行ったEE編集部取材班は一週間で3カ所のホテルを利用しましたtongue-out

こちらがその「Chicago Athletic Association」です。アスレチック!? アソシエーション!? ちょっと名前が変わっているでしょう。

シカゴの代名詞であるミレニアムパーク(NYでいうセントラルパークみたいなところ)の向かいに2015年にオープンしたばかりですが、宿泊施設のカテゴリーには収まり切らない、シカゴの過去と現在を体現する、シカゴに行くなら外せない注目のスポットです。
 
建物自体は19世紀後半に建設され、エリート富裕層限定(1972年までは男性限定!?)の会員制運動場であり、社交場だったそうです。2007年に閉鎖されて、2015年にそうした歴史的背景を特色としたホテルとしてオープン。ビリヤードやシミュレーションゴルフを楽しめたり、禁酒法時代に会員限定で(もちろん違法ですが)お酒を出していたバーMilk Room(予約制)、屋上から夜景が一望できるレストランのCindy’sなど、「遊べる」し、「歴史も感じられる」ホテルとなっているんです。
 

 

 

例えば多目的スペースなんか、バスケットコートになっている!

 

シミュレーションゴルフができる場所もあります。

 

 

 

イチオシは、禁酒法時代に、ひそかにお酒を出していたMilk Roomを再現したバー(当時は、ミルクを飲むていで酒を飲んでいました。こうしたバーをspeakeasyと言います)。

昼間はcoffee barで、夜はお酒が飲めますが、大人気のため数カ月先まで予約が埋まっているそうです。

 

高層階にあるレストランCindy’s。夜景を楽しみながら談笑する人がたくさんいました。

 

 

 

部屋はこんな感じです。非常に清潔感があって満足度は星5つ!

 

 

上から下まで歩き回っても飽きないのがこのホテルの凄いところで、圧巻はロビーですね。

 

日本でいうオシャレな「作業用カフェ」のような広いラウンジスペースがあって、みなさんパソコンを並べておりました。

朝日が差し込むととても美しい。

 

 

 

どうですか、このラウンジスペース。

 

このホテルは、シカゴ市民の憩いの場「Millennium Park」がMichigan Avenueを挟んで向かいにあり、「The Art Institute of Chicago」にも歩いて3分の距離に位置しているので、観光地へのアクセスは最高といっていいでしょう。次にシカゴを訪れる際もここに泊まると思います。

 

 *

 

最後に。

ホテルから少し歩くと、シカゴ名物のエル(鉄道のことです)の駅があり、線路から木漏れ日のように差し込む日光を浴びたストリート…こちらもいかにもアメリカっぽくて。

思わず、何度もシャッターを押してしまいます。

 

街を歩くだけでいろんな風景に出会いますが、脇道一つとっても絵になります。

 

  

[取材協力]

イリノイ州観光局(https://www.enjoyillinois.com/jp/

シカゴ観光局(https://www.choosechicago.com/

 

バックナンバー

ジャンル

閉じる