朝日出版社ウェブマガジン

MENU

中国文字謎 入門講座

足りないものは何ですか

「足りないものは何か」を言い当てるなぞなぞもある。

 

  ①金银铜铁。  Jīn yín tóng tiě.  (打中国地名一) 

 

というのはよく知られたものの一つで、中国の地名を当てさせるもの。金・銀・銅・鉄ときて錫(すず)のみがない。そこで“无锡”Wúxī が答えである。中国人なら誰でも“金银铜铁”とくれば次は“锡”が口をついて出てくるものだ。

 

  ②一二三四五六七。  Yī èr sān sì wǔ liù qī.

 

とあれば“八”がないので“忘八”wàngbā 、これは“王八”wángba (馬鹿、無能など人を罵る語)に通じる。同様に、

 

  ③孝悌忠信礼义廉。  Xiào tì zhōng xìn lǐ yì lián.

 

なら“耻”が抜けている。つまり“无耻”wúchǐ (恥知らずだ)を表す、などというのも同じタイプである。

 次はどうか。何が足りないかはすぐ分かるだろう。

 

  ④金木水火。  Jīn mù shuǐ huǒ.  (打一字)

 

我々は五行は「木火(もっか)土金水(どこんすい)」と習ったが、現代中国語でなら“金木水火土”jīn mù shuǐ huǒ tǔ と言う。いずれにしろ欠けているのは“土”である。問題は「欠けている、無い」をどう言い表せば、“土”とうまく組み合わせられ、字になるかにある。“无+土”では字にならぬ。そこで“欠+土”とし、“坎”kǎn が求める答えである。“欠”qiàn も「欠けている、無い」を意味する語。これが分かれば次はやさしい。

 

  ⑤只有姐姐妹妹和弟弟。  Zhǐ yǒu jiějie mèimei hé dìdi.  (打一字)

 

要するに欠けているのは“哥哥”gēge(お兄さん)である。つまり“欠+哥”で“歌”gē が導かれる寸法だ。

 

 以上“无”“欠”“忘”を利用したものを見てきたが、次はさらに一工夫を要する例。

 

  ⑥一二三五六。  Yī èr sān wǔ liù.

 

これも「一字当てよ」という字謎。「四がない」のは明らかなのだが、さて「欠けている、無い」をどう表せば“四”と組み合わせて字ができるか。“无·欠·忘·少·去·没…”などの字で次々に試してゆく。すると“去+四”でめでたく“罢”bà ができあがる。正直なところ、なかなかこの“去”が思いつかないのであるが。

 次は傑作の一つ。

 

  ⑦石升合勺撮。(打一用物)

 

まず正しく読まねば話にならない。米などの容積をはかる単位がズラリとならんでいるわけだから、

 

    ⑦ dàn shēng gě sháo cuō

 

と読む。読み方では“石”dàn 及び、“合”gě が要注意だ。さて、欠けているのは何か。いわずと知れた、“斗”である。“石·斗·升·合…”という系列だが、“斗”も発音は dǒu で要注意。ところで、この問題は「ある用具を当てよ」である。漢字一字ではなく、答えは二字の熟語になる。ポイントは「欠けている」をどう表すか。これまで出てきた文字では役をなさない。これを練習問題としよう。

 

 

◆練習問題

[答えは、"解答を表示”の左の黒い三角をクリックすると見られます。]

 

1 石升合勺撮。(打一用物)  

 

 

 

 

解答を表示 

漏斗 

 

 

 

バックナンバー

著者略歴

  1. 相原 茂

    中国語コミュニケーション協会代表
    1948年生まれ。東京教育大学修士課程修了。中国語学,中国語教育専攻。80~82年,北京にて研修。
    明治大学助教授,お茶の水女子大学教授等を経て,現在中国語コミュニケーション協会代表としてTECCの普及に努める。
    NHKラジオ・テレビでも長年中国語講座を担当。編著書に,『はじめての中国語』(講談社現代新書)『雨がホワホワ』『ちくわを食う女』『中国語未知との遭遇』(ともに現代書館)『ときめきの上海』『発音の基礎から学ぶ中国語 新装版』(ともに朝日出版社)『「感謝」と「謝罪」はじめて聞く日中“異文化”の話』(講談社)『講談社中日辞典<第三版>』『講談社日中辞典』(講談社)など。

ジャンル

閉じる