朝日出版社ウェブマガジン

MENU

中国文字謎 入門講座

言いかえ型

字謎の本文、つまり問題のことを“谜面”mímiàn と言うが、謎面は普通二字以上で出来ている。足すにしろ、引くにしろ、A+BかA-Bなのだから、AとBと二字以上なくてはならない。

ところが謎面が1字こっきりの字謎がある。あらかじめ解答を括弧内に示す。何故、こういう答えになるのかを考えて頂きたい。

 

  ①十    (思)

 

  ②三    (匹)

 

  ③千    (坂)

 

 こういう発想の筋道である。“十”は“田”の中にある。以前学んだ“田中”だ。が、“田中”では字にならぬ。そこで、“田心”を思いつき、合体めでたく“思”sī となる。次の②は幸い前回の練習問題で“加一等于四”というのをやった。これはX+一=四ということから、X=三であるが、字謎は算数ではないから、“三”を答えとはせず、“四”の右端から1をそぎ落とし“匹”pǐ が正解であった。かくて“三”とは四から1を引いた“匹”なのである。

 ③は超難問。答えは“坂”bǎn とある。ここから逆に考えるしかない。坂の字は“反 ”、つまり「“土偏”をひっくり返す」ということだ。ひっくり返せば、なるほど「千」になる。つまり、「千=坂」なのである。

 こういうのは我々にはまず解けない。先に答えをチラと見て、それから理由を考えることのほうが多い。

 

  ④云 yún            (汽……水气だから)

 

  ⑤妻子 qīzi         (肉……内人だから)

 

  ⑥十五日 shí wǔ rì  (胖……月半だから)

 

  ⑦二姑娘  èr gūniang (姿……次女だから)

 

 このタイプの字謎を私は「言いかえ」型と呼んでいるが、外国人には難しすぎる。「十五日とは月半ば」とか「つまり次女ということ」といったヒントをつけて丁度よい。ところが厄介なことに、このタイプは意外と多いのである。これは作りやすいからではないかと思う。

 

 例えば“救”jiù を答えとする問題を作ろうとする。“救”とは“求文”qiú wén (文章ヲ求メル)である。そこで“征稿”zhēng gǎo (原稿募集)という問題ができる。“规”guī ならば“见夫”jiàn fū (夫ニ見(あ)ウ)だから“妻子探亲”qīzi tàn qīn とか“新娘会新郎”xīnniáng huì xīnláng などとすればよい。“企”qǐ なら“人止”rén zhǐ (人ガ止マル)、そこで“谢绝参观”xièjué cānguān とする。“楷”jiē なら“皆木”jiē mù (みんな木)であるから、“森林”sēnlín と、すべて木でできている謎面を作ればよい。

 

 かように問題は難なくできるのだが、こうしてできた問題を並べられるとこちらはほとほと手を焼いてしまうのである。

 

  ⑧征稿     ⑨妻子探亲

 

  ⑩谢绝参观   ⑪森林

 

 出題する方はよいが、解答者は難儀する。

 

 

 

◆練習問題

[答えは、漢字一文字です。"解答を表示”の左の黒い三角をクリックすると見られます。]

1 今天三十,明天一号。(今月は小の月) 

  

 

 

 

解答を表示 

肖 

 

 

 

  

 2 孙悟空出世。(石が開いて生まれた) 

 

  

 

 

解答を表示 

 

 

バックナンバー

著者略歴

  1. 相原 茂

    中国語コミュニケーション協会代表
    1948年生まれ。東京教育大学修士課程修了。中国語学,中国語教育専攻。80~82年,北京にて研修。
    明治大学助教授,お茶の水女子大学教授等を経て,現在中国語コミュニケーション協会代表としてTECCの普及に努める。
    NHKラジオ・テレビでも長年中国語講座を担当。編著書に,『はじめての中国語』(講談社現代新書)『雨がホワホワ』『ちくわを食う女』『中国語未知との遭遇』(ともに現代書館)『ときめきの上海』『発音の基礎から学ぶ中国語 新装版』(ともに朝日出版社)『「感謝」と「謝罪」はじめて聞く日中“異文化”の話』(講談社)『講談社中日辞典<第三版>』『講談社日中辞典』(講談社)など。

ジャンル

閉じる