朝日出版社ウェブマガジン

MENU

洪道場の白黒さんぽ

平田智也七段の心の一局(3)「プロの技」

参考図18

参考図18

平田先生「ここからはすごく難しいのですが、プロの技というか、自分で言うのもなんですが(笑) 白62のツケは狙いの一手でした。普通は参考図18の黒1と上から受けてなんでもないのですが、白2とハネて黒3と切ると白4で黒2子が取られてしまい、この2目が取られてしまうと隅の黒石も取られてしまう」

 参考図19

参考図19

平田先生「参考図19の黒3とツイで守るしかない。黒が守ったときに一旦白4とツギ、次にAとワタる手を見せる」

 参考図20

参考図20

平田先生「参考図20の黒1と遮ると白2とハネダシて以下白4はBにホウリコんで黒5と取らせ白6までとなり、白3子と中の黒8子の攻め合いになりますが、白が勝っています。白が勝てばセキが崩れて黒が死ぬので、黒1では一度バックしなければならない」

 参考図21

参考図21

平田先生「参考図21の黒1とバックしたときに、どんどんダメをツメていくのですが、白14まで、黒が(イ)とヌイても一手勝ちです。(途中黒3はイ、黒11はロ)なので、実戦の虎丸は白62を軽視していたかもしれません」

 参考図22

参考図22

平田先生「参考図22の黒1のように黒63で、白62の下にハネても白4まで、黒2子が落ちます」

 参考図23

参考図23

平田先生「参考図23の黒3と受けると白4と破れてしまうので、これでは黒つらい」

 実戦図68

実戦図白68(△)

平田先生「ここまで、黒からツメたところを白は封鎖できたので、『これで元気がでてきたかな』と、やれそうな感じがしてきました」

参考図24

参考図24

平田先生「黒71の意味は、参考図24の白1とツナグと黒2とツナイで中央に突破できます」

実戦図75

実戦図

平田先生「実戦図の白72は、これも難しいのですが、白72のあと黒75までとなって、白は黒△の2子を取れれば隅の黒石を取れるので、白76(1の九)にホウリコンで黒77(1の八)のトリに白78」

参考図25

参考図25

平田先生「ここで参考図黒25の黒1の両取りがあって、魅力的なのですが、白2とアテる手があって、黒Aとツイでも、黒Bと白の3子をとったとしても白Aと黒2子をとって隅の黒石が死んでしまうので、これも白がいい。いっぱい弱点はあるんですけれども、なんとか支えています」

実戦図84

実戦図 白84(△)

平田先生「実戦の白84(△)のアテはやりすぎでした。参考図26の白1とすべきでした」

参考図26

参考図26

平田先生「プロはなるべく絶対の効き筋は保留しておきたいのです。コウ材にも使えるし、自分からダメをツメたくないからですが、ここは打たなければいけなかった」

平田先生「参考図26の黒8までで白がつぶれちゃうのかな、と思っていたのですが、黒16と大きなコウになり、コウ材がないかと思ったのですが、白17と自爆する手があり、黒は白3子をヌクしかなく、白は隅の黒石をヌケます。左下隅の白は、意外に悪くない格好をしているので、こうなると白がいいです」

平田先生「実戦は単に白84と打ち、先程の参考図と同じになるかと思いましたが、」

 参考図27

参考図27

平田先生「実戦の黒85がそれを上回る良い手で、参考図27の白Aと黒Bの交換があれば、白Cにコウをヌイて終わりなんですが、」

 参考図28

参考図28

平田先生「参考図28のように、白Aと黒Bを交換していなかったので白Cとヌイても黒Dとアテられてから、白Aと打っても間に合わない」

 実戦図86

実戦図 白86まで

平田先生「実戦図の黒85のキリに対して、白86とツグしかない」

実戦図95

実戦図 黒95まで

平田先生「さっきは黒87のキリがなかったので、Aと切ってよかったのですが、ここでは黒87があるので白96、ここで白は損をしました」

実戦図100

実戦図 白100まで

平田先生「振り返って黒が61にツメたところを止めようとしたのに、黒73と突破されたので、これは白よくなかった」

 

 

次回連載第4回 「取れている石をトル」

バックナンバー

著者略歴

  1. 洪 清泉

    1981年12月30日生 韓国済州出身
    1993~1997年 韓国棋院院生として修行
    1999,2001年 アマ国手戦優勝(韓国代表決定戦)
    2004年 鳳凰杯プロアマオープン優勝
    2007年 全日本アマチュア名人戦 優勝
    2008年 全日本アマチュア本因坊戦 優勝
    2009年 関西棋院試験碁合格 関西棋院入段
    2013年 二段
    2014年 NHK杯出場
    2015年 棋聖戦Cリーグ進出
    2016年 天元戦本戦進出
    2016年 三段
    2016年 碁聖戦本戦進出
    2017年 天元戦本戦進出
    2017年 NHK杯出場
    2018年 NHK杯出場
    2019年 四段

  2. 平田 智也

    生年月日 1994年2月27日
    出身地  広島県
    宋 光復九段 門下
    日本棋院東京本院所属
    2009年 夏季入段(院生リーグ4~6月 1位)
    2011年 二段昇段
    2012年 三段昇段
    2013年 アジアゲームズ日本代表 銅メダル
    2013年 中野杯 準優勝
    2014年 千里杯 準優勝
    2014年 4カ国国際新鋭対抗戦 日本代表
    2015年 四段昇段
    2015年 名人戦リーグ入り 七段昇段
    2015年 新人王戦 準優勝
    2016年 広島 いち碁杯選抜プロトーナメント優勝
    2017年 NHK杯出場
    2017年 広島アルミ杯・若鯉戦 本戦出場
    2018年 天元戦本戦進出

ジャンル

閉じる