朝日出版社ウェブマガジン

MENU

洪道場の白黒さんぽ

小池芳弘四段の心の一局(2)「三三を科学する ②」

 実戦図15

実戦図10-15

小池先生「白10のツケは、ほんの少しですが様子を見るという意味があります。繰り返しますが、リスクも大きいので、おすすめはできません」

小池先生「白12は、比較的わかりやすい手です」

参考図20

参考図20

小池先生「実戦の黒15では参考図20の黒1と切る手が普通ですが、白は黒2と下がられると隅が死んでしまうので、白2、4とハネツギます」

参考図21

参考図21

小池先生「参考図20は参考図21と少し似ているように見えますが」

参考図22

参考図22

小池先生「白は参考図22の△にキリが入っているのが自慢で、黒5とカカエるのが穏やかですが、以下白10まで、続けてAとカケたりする手もありますがだいたい一段落です。これで黒がかなり悪いというわけではないのですが少し嫌です。なぜかというと説明しづらいのですが」

聞き手「感覚的なものですね。たしかに6をはじめいろいろ白から利かされた印象です」

実戦図17

実戦図15-17

小池先生「実戦は黒15とハネツギました」

参考図23

参考図23

小池先生「これは、参考図23のように白1とツグと黒2とハネて3から4として、白が手を抜くと黒Aで白は死んでしまう。白は生きていませんよ、というのを自慢に打ったのが黒15、17のハネツギです」

参考図24

参考図24

小池先生「白が23図を嫌がって参考図24の1とサガれば、黒2の切りにしろAとハネるにしろ、ハネツギが大きく利かしたことになります」

参考図25

参考図25

小池先生「少し戻って、黒15では参考図25の1に切るのが普通です。図のように進行して、途中5のカケツギが最も多い打ち方で、白8はオシの一手、そして図のような戦いになるのですが、特別に黒が攻められているわけでもありませんし、後に黒がAに来ればどちらかといえば白が攻められている雰囲気です。白としては先に地を稼いでおいた、ということでしょう」

小池先生「ではなぜこの図を選ばなかったか。この対局はNHK杯方式の早碁で、芝野七段が自信満々に白10からツケたので黒1の切りは研究しているはずだし、自分は1の切はあまり自信がなかったので、意表を突いてみようと15に打ちました」

聞き手「ここは心理的な要素が大きかったのですね。今はもう研究済みですか?」

小池先生「今の自分だったら黒1に切ります」

聞き手「小池先生は研究怠りないのですね」

小池先生「そうです。一局ごとに成長しているのです(笑)」

参考図26

参考図26

聞き手「小池先生のおススメは、参考図26のように白1とブツカッて黒2とオサエルのですね」

小池先生「ブツカッてハネルというのが普通の手で、この後いろいろ変化はあるのですが潰れないように打っておけば、だいたい互角に進行します」

実戦図19

実戦図17-19

小池先生「白は18とノゾキにはツガないで、19と反発しました」

参考図27

参考図27

小池先生「白は参考図27のように黒がツイでから白2とツグつもりだったのではないでしょうか」

参考図28

参考図28

小池先生「白はノゾキを打たずに参考図28の白1とツゲば、黒2とハネます。このとき白は4とハネダシますが、参考図のように白3とカカエると黒4とオサエ白5のヌキに黒6と抑え込まれます。白7と切って一応コウの形ですが」

参考図29

参考図29

小池先生「参考図29の黒1のヌキに白2、4ととても大きなところですが、黒5で右上隅の白の目がなくコウにできないのです。しかも右上隅の白は周りがすべて黒で止められています」

参考図30

参考図30

小池先生「そこで白は、参考図28の3で参考図30の3とハネダシます」

聞き手「黒4の切りには」

小池先生「白5とアテて6のツギに白は7とサガって生きたとき、黒の十分な形ではないですよ、といいたいのです」

参考図31

参考図31

小池先生「参考図30で、参考図31のように白△黒△の交換があればどうでしょう」

聞き手「黒石はダンゴにされたように見えますね」

小池先生「なので、この白△はムダにはならない、という意味があったのです」

参考図32

参考図32

小池先生「実戦の白18とノゾキをすぐに打った理由は他にもあります。参考図32のように先に白1とツナグと黒2のハネに白は3とツイで、この後の白5のノゾキに対し、黒はもうツギません。Aとオサエるか6にツケるなど、少し躱し気味に打ちます」

参考図33

参考図33

聞き手「黒がツガなかったので、例えば参考図33の白3と切りますと」

小池先生「4のアテから以下8までとなり、実戦を見ていただければ分かりやすいのですが」

実戦図27

実戦図18-27

小池先生「参考図33と比較して、実戦はAにツガず白26となっていて、黒はAに切ることはできませんし、こちらの方が白は、はるかに勝っています。」

小池先生「参考図は白が26でAにツイでしまった状態になるので良くないのです。白は24とトルことで目の心配はなくなるし、Aの一路下の黒石を取りに行く必要もないのです」

小池先生「白18に黒が20とツイでくれれば利かしになるし、反発されてもこの図にはなる、ということでした」

小池先生「対局中はこれで互角の分かれだと思っていましたが、今見ると白の生きっぷりが良いのです。というのは、白は生きているので壁として考えることができますので、上辺の黒4子が白の壁に貼り付いているように見えて、黒十分とは言えないもどかしさがあるのです」

聞き手「白26が光っているので、上辺の黒は万全とは言えないのですね」

小池先生「黒27と三間に開いたのは、黒4子はもういらない、という手なんです。もしこの4子が重要なら二間に開きます」

参考図34

参考図34

小池先生「隅の黒4子に固執すれば参考図34のように二間に開くのですが、白2とツメられて二間では生きるには狭い。黒3から7のように逃げなければなりませんが、右側の白の壁の横をただ逃げているだけの状態になっています」

聞き手「黒地は増えないのに白地ばかり増えていますね」

参考図35

参考図35

小池先生「参考図35のように、白1には黒2とワタる手を用意しているのですが、どうしても取りに来るというのなら、黒4子は捨てても良いという考えです」

 

 つづく

 

バックナンバー

著者略歴

  1. 洪 清泉

    1981年12月30日生 韓国済州出身
    1993~1997年 韓国棋院院生として修行
    1999,2001年 アマ国手戦優勝(韓国代表決定戦)
    2004年 鳳凰杯プロアマオープン優勝
    2007年 全日本アマチュア名人戦 優勝
    2008年 全日本アマチュア本因坊戦 優勝
    2009年 関西棋院試験碁合格 関西棋院入段
    2013年 二段
    2014年 NHK杯出場
    2015年 棋聖戦Cリーグ進出
    2016年 天元戦本戦進出
    2016年 三段
    2016年 碁聖戦本戦進出
    2017年 天元戦本戦進出
    2017年 NHK杯出場
    2018年 NHK杯出場
    2019年 四段

  2. 小池 芳弘

    1998年7月6日生まれ 神奈川県出身
    高林拓二六段門下

    平成27年入段
    平成28年棋聖戦Cリーグ進出
    平成28年ゆうちょ杯 3位
    平成28年二段
    平成29年棋聖戦Bリーグ昇格
    平成30年新人王戦本戦進出
    平成30年三段
    平成30年広島アルミ杯 準優勝
    平成30年19連勝(棋道賞最多連勝賞受賞)
    平成31年新人王戦本戦進出
    平成31年四段
    平成31年NHK杯出場

    日本棋院東京本院所属

ジャンル

閉じる