朝日出版社ウェブマガジン

MENU

同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」

橋本美穂は「長いものには巻かれろ!」をこう表現した!

4月号から始まった新連載『同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」』は、読者参加型企画として、皆さんと一緒に「新しい英語」を作っていくコーナーです!

ふなっしーやピコ太郎の通訳を務めた同時通訳者の橋本美穂さんも参戦します。ぜひ皆さんも、チャレンジしてみてください!

さて、今回のお題は…?

お題:長いものには巻かれろ!

くろさん(京都府)
The wise just obey.
理由:「抵抗しない」という意味をjustに込めました。

ごんごんさん(東京都)
Big powers are to be obeyed.
理由:強い者には従うものであるということだから。

miyaU3さん(奈良県)
Swim with the tide.
理由:流れに逆らわず生きましょう。ちなみに、swim against the tideは、「流れに逆らう」の意味になります。

コボっちさん(東京都)
Rebellion makes no medallion.
理由:語呂を優先しました。rebellion は「反逆、抵抗」、medallionは「大メダル、勲章、ごほうび」の意。

宮下由紀さん(東京都)
You’d better be under the boss’s umbrella.
理由:「権威ある者に庇護(ひご)されているのが得策」ということと、under the nuclear umbrella(核の傘の下)を思い出して考えてみました。 

 


さて、橋本美穂さんは一体どのように「言ったもん勝ち」を表現したのでしょうか?

橋本美穂
私ならこうしちゃいます

Not our job to reason why.

理由:「絵に描いた餅」が“pie in the sky”へと変化するように、ことわざは直訳が難しいもの。こういうときは言葉にとらわれず、リアルな状況をイメージしてみると要点が見えてきます。

ここで寸劇です!部下:「なぜこんな企画が決まったんですか。お客様は喜ばないですよ。納得できません!」上司:「いや、これは社長自ら発案した企画で、やらないわけにはいかないんだ。気持ちはわかるが、It’s not our job to reason why.」意訳です。飛訳(飛躍)です!要は「黙ってやれ」ってことですよね。

Be subservient、Don’t question authority、Go with the flowなど、部分的に正確な訳よりも、まるっと伝わります。また、上司と部下の2人なので、所有格は“our”を使います。こういった細かい点に気を配ることで、瞬時に伝わります。

バックナンバー

著者略歴

  1. 橋本美穂

    アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで出生。東京都で幼少期を過ごし、6歳で再び渡米。サンフランシスコにて小学校時代を過ごし、帰国後は兵庫県神戸市で中学・高校時代を過ごす。慶應義塾大学総合政策学部卒。

ジャンル

閉じる