朝日出版社ウェブマガジン

MENU

同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」

橋本美穂は「縁の下の力持ち」をこう表現した!

2019年4月号から始まった新連載『同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」』は、読者参加型企画として、皆さんと一緒に「新しい英語」を作っていくコーナーです!

ふなっしーやピコ太郎の通訳を務めた同時通訳者の橋本美穂さんも参戦します。ぜひ皆さんも、チャレンジしてみてください!

さて、今回のお題は…?

お題:縁の下の力持ち

初老人さん(岐阜県)
player behind the screen
理由:ほとんど直訳ですが……

久下哲夫さん(東京都)
hero behind the scenes
理由:陰のヒーローだから。

まことさん(神奈川県)
hidden indispensable hero
理由:隠れているけど、なくてはならない(indispensable) heroのようなものなので。

マイクさん(静岡県)
unknown hero
理由:隠れた英雄だから。

しあらーさん(兵庫県)
shadow hero
理由:陰で支えている人だから。

とんしんさん(東京都))
behind-the-scenes key person
理由:表には見えないところで重要な役割を担っているから。

マーサンさん(長崎県)
invisible success maker
理由:人目につかないところで頑張っているからinvisibleにしました。

阿部 望さん(埼玉県)
ghost fighter
理由:目に見えない所で戦ってくれているイメージから。

広島太郎さん(広島県)
a column behind the wall
理由:目には見えないが建物になくてはならないもの、というニュアンス。

めろんぱんさん(神奈川県)
wasabi concealed in sushi
理由:見えないけどなくてはならない。

Kachanさん(鹿児島県)
uncredited hero
理由:表には出ないヒーローなので。

ジルさん(東京都)
hidden supporter
理由:「陰の協力者」をイメージしたので。

Dazzleさん(山梨県)
backstage dynamo
理由:舞台裏の発電機が表舞台を明るく照らすことから。

ちいさん(奈良県)
contributor under the radar
理由:目立たずに貢献している人という意味で。

ともあきさん(東京都)
nameless ironman
理由:トライアスロン大会Ironmanをヒントに考えてみました。

オードリーさん(福岡県)
hidden contributor
理由:まさしく「隠れた貢献者」と思ったので。

棚辺富士雄さん(兵庫県)
transparent Popeye
理由:目には見えないけれど、とても頼りになるものをイメージしました。

Fukuさん(福岡県)
underwater contributor
理由:水面下で貢献しているというイメージから。

 


さて、橋本美穂さんは一体どのように「縁の下の力持ち」を表現したのでしょうか?

橋本美穂
私ならこうしちゃいます

a silent grunt-worker

理由:皆さんは「縁の下の力持ち」と聞いて、どんな人物を想像しましたか。頭に浮かんだイメージを自分の感性に従って素直に説明すれば、ユニークな表現が出来上がるでしょう。決して言葉尻にとらわれる必要はありません。

私は、grunt work(骨の折れる作業、重労働)という既存のフレーズを応用し、gruntworkerという言葉を作っちゃいました!実は、gruntは動詞としても名詞としても数々の意味がありますが、今回はその中から「喉の奥から低いうなり声を出す」という意味の動詞を使っています。

チームのために裏方を務め、華々しくない作業を「ふんっ!」と気合いを入れてこなす人。そして、その「ふんっ!」という声は周囲の人に聞かれることなく、ひとり静か(silent)に奮闘している様子をイメージしました。

バックナンバー

著者略歴

  1. 橋本美穂

    アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで出生。東京都で幼少期を過ごし、6歳で再び渡米。サンフランシスコにて小学校時代を過ごし、帰国後は兵庫県神戸市で中学・高校時代を過ごす。慶應義塾大学総合政策学部卒。

ジャンル

閉じる