朝日出版社ウェブマガジン

MENU

同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」

「言われるうちが花」はどう表現する?

2019年4月号から始まった連載『同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」』は、読者参加型企画として、皆さんと一緒に「新しい英語」を作っていくコーナーです。

2021年4月号からは誌面もリニューアルし、橋本美穂さんの特別音声解説も付いて、さらにパワーアップしました!

3年目を迎えたこの企画、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください!

 

さて、今回のお題は…?

お題:言われるうちが花

わったんさん(茨城県)
Indifference doesn’t make your life bloom.
理由:気に掛けてくれているんだよ、と反語的に諭す表現。

Vamosさん(東京都)
No criticism, no expectation.
理由:批判がないということは、期待されていないということ。

hfjさん(埼玉県)
Being criticized is better than being ignored.
理由:「言われる」=「批判される」、「言われない」=「無視される」ということと考えて。

hamazoさん(福岡県)
No reproach means no expectations.
理由:叱責や小言は期待されてることと同じ、を表現してみました。

TATSUさん(茨城県)
When there is criticism, there is growth.
理由:意思あるところに道があり。「Where there is a will, there is a way.」から着想を得ました。批判や文句を言われていると感じても、そこに成長の糧があると思います。

bollardさん(東京都)
Better led than never.
理由:Better late than never.のアレンジです。(仕事で)指導されているうちが花だよ、の意味。

ひとみんさん(福岡県)
Criticism is proof that you’re cared for.
理由:叱られているのは、気に掛けてもらってる証拠だから。

こーだいさん(神奈川県)
Criticism is a type of affection.
理由:相手を注意することはその相手を思っての行為だから。


さて、橋本美穂さんは一体どのように「言われるうちが花」を表現したのでしょうか?

気になる方はぜひ、発売中のCNN English Express11月号で確認してみてください。

また、次回(12月号)のお題は「むちゃぶり」です。

新しい英語が思いついた方はぜひ応募フォームからご投稿ください。

皆さまの力作お待ちしています。

バックナンバー

著者略歴

  1. 橋本美穂

    アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで出生。東京都で幼少期を過ごし、6歳で再び渡米。サンフランシスコにて小学校時代を過ごし、帰国後は兵庫県神戸市で中学・高校時代を過ごす。慶應義塾大学総合政策学部卒。

ジャンル

お知らせ

ランキング

閉じる