朝日出版社ウェブマガジン

MENU

同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」

橋本美穂は「客寄せパンダ」をこう表現した!

2019年4月号から始まった新連載『同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」』は、読者参加型企画として、皆さんと一緒に「新しい英語」を作っていくコーナーです!

ふなっしーやピコ太郎の通訳を務めた同時通訳者の橋本美穂さんも参戦します。ぜひ皆さんも、チャレンジしてみてください!

さて、今回のお題は…?

お題:客寄せパンダ

しあらーさん(兵庫県)
fake hero
理由:中身の伴っていない、偽りのヒーロー。

匿名[256]さん(兵庫県)
commercial panda
理由:トレードマークがパンダだから。

Newmanさん(埼玉県)
crowd-gathering panda
理由:平凡ですが、「群衆を集めるパンダ」ということから考えてみました。

ころりんさん(福岡県)
superficial superstar
理由:かわいいだけの人気者。

とんしんさん(東京都)
come-on-in cute panda
理由:「入って入って」と誘うパンダのイメージから。

けりーさん(東京都)
lure catching customers
理由:「誘うもの」という意味のlureを使って表現してみました。

あっきさん(北海道)
Santa Claus in a supermarket
理由:サンタさんの被り物をした店員がいるスーパーに人が集まることから。

Dazzleさん(山梨県)
attention-getter
理由:読んで字のごとくです。

ふみふみさん(広島県)
blackhole attraction
理由:ブラックホールのように、何でも呼び込むから。

Tett-chanさん(千葉県)
eye-catcher
理由:まずは人の目を引き付けることが最優先であるため。

川畑尚之さん(千葉県)
fake panda
理由:客が集まりさえすれば、偽物のパンダでもOK。

阿部 望さん(埼玉県)
sweets in a show case
理由:ショーケースに並んだスイーツに誘われるイメージ。

めろんぱんさん(神奈川県)
blood for mosquitoes
理由:そこにあるだけで引き寄せられるイメージ。

まことさん(大阪府)
hot attractor in season
理由:今が旬で熱のある感じを表して。

松田歩樹さん(兵庫県)
poster panda
理由:看板娘ならぬ、看板パンダ。

阿部季美さん(愛知県)
adorable and popular animal in the zoo
理由:お題の言葉を連想させるイメージで。

りょうさん(岐阜県)
smiling beckoner
理由:「(身ぶり・手ぶりで人を)手招きする」の意のbeckonを使って表現してみました。

たこ焼き小僧さん(東京都)
come come magnet
理由:“Come! Come!”と磁石のように人を引き付けるからです。

 


さて、橋本美穂さんは一体どのように「客寄せパンダ」を表現したのでしょうか?

橋本美穂
私ならこうしちゃいます

bait in a mascot costume

理由:「客寄せパンダとはどういう存在か?」と考えた瞬間、baitとmascotという二つの単語が頭に浮かびました。

mascotというからには人気キャラ的な存在なのかと思いきや、「実体はただのbait(エサ)でしょ、客集めの」と皮肉をこめて落とすコンビ技です!もちろん単なる「人気者」ならidolですし、「集客の目玉」ならthe main attractionでいいのですが、実際の使われ方を見るとやっぱり少々皮肉めいています。なので、「実力というよりは話題性やルックス」という意味合いを踏まえて、英語を作っちゃいました!

特に客寄せパンダとなる本人が言えば、自虐的で笑えるでしょう。I'm just the bait wearing a mascot costume!(いやー、私なんて単にマスコットの着ぐるみを着た[集客のための]釣りエサですよ!)

バックナンバー

著者略歴

  1. 橋本美穂

    アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで出生。東京都で幼少期を過ごし、6歳で再び渡米。サンフランシスコにて小学校時代を過ごし、帰国後は兵庫県神戸市で中学・高校時代を過ごす。慶應義塾大学総合政策学部卒。

ジャンル

閉じる