朝日出版社ウェブマガジン

MENU

同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」

橋本美穂は「びみょ~」をこう表現した!

4月号から始まった新連載『同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」』は、読者参加型企画として、皆さんと一緒に「新しい英語」を作っていくコーナーです!

ふなっしーやピコ太郎の通訳を務めた同時通訳者の橋本美穂さんも参戦します。ぜひ皆さんも、チャレンジしてみてください!

さて、今回のお題は…?

お題:びみょ~

だいこさん(岩手県)
close to correct
理由:正解ではないが近い、という表現にしました。

匿名希望(東京都)
gray area
理由:英語圏に限らず、日本でも使われている表現のため。

LIAMさん(北海道)
Good or bad? I’m on the fence.
理由:シンプルに、良いと悪いの中間で、どっちとも決めきれない感じ。be on the fenceは「《比喩》どっちつかずの態度で、中立の立場で」の意。

瀬川知己さん(兵庫県)
I can’t say it’s bad, but...
理由:煮え切らない感じを簡易な英語で表しました。

坂根満さん(兵庫県)
I can’t tell if I like it or not.
理由:びみょ~と言うときの気持ちを表現しました。

坪井克之さん(東京都)
not medium but half baked
理由:お肉の焼き加減に例えて。

 


さて、橋本美穂さんは一体どのように「びみょ~」を表現したのでしょうか?

橋本美穂
私ならこうしちゃいます

NOTSSY / NITSBY(ノッツィー/ニッツビー)

理由:今回は、若者トークやネットスラング風にacronym(頭字語)を二つ作っちゃいました!略をひも解くと、“not so sure yet”(何とも言えない)、“not its best yet”(最高とは言いがたい)です。例えば、“What do you think?” という質問に対し、“Well, I’m notssy about it.” あるいは“To be honest, it’s still nitsby.”という感じで使えそう。定着するまでは解説が必要ですが(笑)。


ちなみに発想の源はNIMBY(not in my back yard)という環境問題や都市開発などのテーマで出てくる頭字語です。大変よくできた用語ですので調べてみてくださいね。今回はacronymで遊んでみましたが、実際に通訳の現場で訳すことになったら、iffy(断言しづらい)、sketchy(怪しい)、awkward(気まずい)、さらにスラング化してawky(気まず~!)などと訳すでしょう。

バックナンバー

著者略歴

  1. 橋本美穂

    アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで出生。東京都で幼少期を過ごし、6歳で再び渡米。サンフランシスコにて小学校時代を過ごし、帰国後は兵庫県神戸市で中学・高校時代を過ごす。慶應義塾大学総合政策学部卒。

ジャンル

閉じる