朝日出版社ウェブマガジン

MENU

同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」

橋本美穂は「ドヤ顔」をこう表現した!

4月号から始まった新連載『同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」』は、読者参加型企画として、皆さんと一緒に「新しい英語」を作っていくコーナーです!

ふなっしーやピコ太郎の通訳を務めた同時通訳者の橋本美穂さんも参戦します。ぜひ皆さんも、チャレンジしてみてください!

さて、今回のお題は…?

お題:ドヤ顔

メカさん(アメリカ)
bragger face
理由:bragは「自慢する」という意味。だから「自慢げな顔」。

菅野大輝さん(岩手県)
ego face
理由:egoist とface を掛け合わせました。

小八木麻実さん(滋賀県)
voila face
理由:フランス語のVoila!(ほら、ジャジャーン!)の語感と音がドヤァァァ!!という感じと似てると思ったので!

彼方さん(愛媛県)
smug look
理由:ドヤっているということは、自己満足で、他人から見たらそんなにすごい事でもないから。

Hossanさん(宮城県)
TriumFace
理由:勝ち誇った(triumph)顔(face)だから。

ばんぶーさん(愛知県)
sandbag
理由:殴りたくなるから。


さて、橋本美穂さんは一体どのように「ドヤ顔」を表現したのでしょうか?

橋本美穂
私ならこうしちゃいます

triumpface

理由:「やー、ドヤ顔になってる~」と茶化すときの言葉。今回はネイティブもよくやる「造語」のアプローチで英語を作っちゃいました!

まず「ドヤ」は、勝ち誇ったような達成感+注目されたい気持ちですよね。ぴったりくるのはtriumphantでしょう。「顔」は素直にfaceを使います。普通の文章にすると、a triumphant look on his/her faceとパンチに欠けますが、phとfのつながりを生かせば造語になります。ちょいとメリハリを付けて発音していただく必要がありますが、ハイ、練習!"Look at his triumphh-fface! Ha ha!" これは実際に使えそう。

ちなみにtriumpfaceとネット検索してみたところ、「あなたが知りたいのはTrump faceですか?」と、トランプ大統領のドヤ顔がたくさん出てきて、笑ってしまいました。

バックナンバー

著者略歴

  1. 橋本美穂

    アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで出生。東京都で幼少期を過ごし、6歳で再び渡米。サンフランシスコにて小学校時代を過ごし、帰国後は兵庫県神戸市で中学・高校時代を過ごす。慶應義塾大学総合政策学部卒。

ジャンル

閉じる