朝日出版社ウェブマガジン

MENU

同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」

橋本美穂は「大人顔負け」をこう表現した!

2019年4月号から始まった連載『同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」』は、読者参加型企画として、皆さんと一緒に「新しい英語」を作っていくコーナーです。

2021年4月号からは誌面もリニューアルし、橋本美穂さんの特別音声解説も付いて、さらにパワーアップしました!

3年目を迎えたこの企画、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください!

さて、今回のお題は…?

お題:大人顔負け

井上智夫さん(埼玉県)
a kid who hits like Ichiro
理由:子どもがイチローのようにヒットを打つイメージです。

まことさん(大阪府)
wrinkle kid
理由:子どもが大人のように熟練しているのを「しわ」で表しました。

hamazoさん(福岡県)
adhild
理由:adultのようなchildだから。

わったんさん(茨城県)
a lion in a kitty
理由:子ネコの顔をしているが、その実ライオンのようにできる!と表現しました。

とーるちゃん(埼玉県)
Bees sting bears.
理由:小さなハチ(子ども)が、大きなクマ(大人)をしのぐ様子から。

東町亮弥さん(大阪府)
a bud more beautiful than a flower
理由:まだまだ成長の段階にある者が、すでにピークを迎えた者よりも才を放っているという意味合いを込めてみました!

長谷川さん(東京都)
like a mouse beating a cat
理由:ネズミがネコを打ち負かすほど、という意味。

カプ・テテフさん(兵庫県)
outadult
理由:「大人顔負け」は簡単に言うと「大人よりすごい」ということだと思うので、「~より勝って」という意味の接頭辞であるout-をadultにつけてみました。(この意味のout-は動詞につけるのが一般的だと思いますが)


さて、橋本美穂さんは一体どのように「大人顔負け」を表現したのでしょうか?

橋本美穂
私ならこうしちゃいます

outdazzle every grown-up

文字通り訳せば adults lose face in front of the child になりますが、別に「子どもに負けるなんてメンツがつぶれる」と恥じているわけではなく、純粋に称賛していますよね? だから、端的に言えばoutperform grown-ups(大人よりも優れた技量を発揮する)がキーワードになるでしょう。ただ、その実力が本当に大人を凌駕しているかどうかは測ったわけじゃなく、「こんなに小さな子がすごい!」と感嘆しているわけですから、outperform(より高い技量を発揮する)という客観的な話ではなく、「輝いてるねぇ!」というニュアンスを出したいところです。そこで、shine(ピッカーンと光る)、sparkle(キラキラ輝く)といった単語を思い浮かべ、そこから連想して outdazzle(大人よりもギラッギラ輝く)という最強のグラデーションが掛かった表現を選びました。また、everyを入れることで「例外なく全ての大人よりもすごい」というニュアンスを強調しています。

「おおっ!圧巻だ。眩しい!」と褒めている感じは出ていますでしょうか? スポーツや芸術、学問や趣味の分野で、磨けば光る原石が出てくる様子をイメージして、作っちゃいました!

 

 

バックナンバー

著者略歴

  1. 橋本美穂

    アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで出生。東京都で幼少期を過ごし、6歳で再び渡米。サンフランシスコにて小学校時代を過ごし、帰国後は兵庫県神戸市で中学・高校時代を過ごす。慶應義塾大学総合政策学部卒。

ジャンル

閉じる