朝日出版社ウェブマガジン

MENU

同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」

橋本美穂は「ギャップ萌え」をこう表現した!

2019年4月号から始まった新連載『同時通訳者・橋本美穂の「英語にないなら作っちゃえ!」』は、読者参加型企画として、皆さんと一緒に「新しい英語」を作っていくコーナーです!

ふなっしーやピコ太郎の通訳を務めた同時通訳者の橋本美穂さんも参戦します。ぜひ皆さんも、チャレンジしてみてください!

さて、今回のお題は…?

お題:ギャップ萌え

Roshiさん(愛知県)
unexpected heartthrob
理由:heartthrob(憧れの的、恋人)を使って、異性への萌えを最大限表現してみました。

新潟県立津南中等教育学校さん(新潟県)
hidden side of attraction with heart beating
理由:隠れた一面の魅力に胸がドキドキすること。

カラカルさん(大阪府)
unexpectedly attractive
理由:不意を突かれるイメージから。

kikuchiyo70さん(埼玉県)
romance by rebound of prejudice
理由:「先入観が良い方向に跳ね返って、恋心に至る」といったイメージ(というか直訳ですね)。

Sallyさん(東京都)
mesmerized by his/her veiled character
理由:その人の隠れたキャラに魅了される。mesmerize は「~を魅惑する、魅了する」、veilは「~を覆う、隠す」の意。

猫の森さん(大阪府)
gap gasping
理由:言葉遊びをしつつ、gaspingで萌えている雰囲気を出してみました。gaspは「ハッと息をのむ」の意。

とんしんさん(東京都)
turn-on gap within someone
理由:ある人の中のギャップが、他の人の興味をかき立てる(turn onから)。

としおさん(千葉県)
lovable disparity
理由:「ギャップ」は不釣り合い、「萌え」は愛らしいと解釈しました。

まことさん(神奈川県)
fascinated by unexpected discovery
理由:おもわぬ発見に魅了されるという意味で。

クマヒロさん(青森県)
love at unexpected sight
理由:love at first sight(一目ぼれ)をヒントに。

わったんさん(茨城県)
the beauty in the beast
理由:普段は見えない美しさを、『美女と野獣』(Beauty and the Beast)の語呂で表現しました。

168さん(東京都)
be thrilled to find someone’s unexpected personality
理由:予想外の一面に心が躍るイメージでthrillを使いました。

small duckさん(東京都)
heart-shooting gap
理由:「萌え」はまさに心を射抜かれているようなイメージだから。

むっくさん(東京都)
enchanting alternate side
理由:enchant(~を魅了する)を使って、意外な別の一面に引かれる様子を表現してみました。

GTUさん(大阪府)
love at first gap
理由:一目ぼれならぬ、「一ギャップぼれ」。

 


さて、橋本美穂さんは一体どのように「ギャップ萌え」を表現したのでしょうか?

橋本美穂
私ならこうしちゃいます

a MOE GAP crush

理由:草木の「萌える」から始まり、心が「燃える」に掛けた「もえ~」は、既にアニメやゲームの世界ではmoeのまま通用します。しかし知らない外国人も多いので、覚えやすいように略語の頭文字にしちゃいました!

MOE GAP stands for “my obsession evoked by the gap between appearance and personality.”(見た目と性格とのギャップによって引き起こされた強い愛着心)と説明すれば面白がってもらえるでしょう。

crushは「片思い」ですよね。例文には、“I have a MOE GAP crush on Tom! He’s so macho, and yet he cries at Disney movies!”(私、トムにギャップ萌えかも。あんなにマッチョなトムがディズニー映画を観て泣いてるなんてさ~!)など、いかがでしょうか。

バックナンバー

著者略歴

  1. 橋本美穂

    アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで出生。東京都で幼少期を過ごし、6歳で再び渡米。サンフランシスコにて小学校時代を過ごし、帰国後は兵庫県神戸市で中学・高校時代を過ごす。慶應義塾大学総合政策学部卒。

ジャンル

閉じる