朝日出版社ウェブマガジン

MENU

あさひてらすの詩のてらす

梅の実色づく季節の詩 前編(22年6月)

 


 

 梅の実色づく季節の詩前編

・「今日、蝶々に会えなかった」

・「おだやかな白」

・100歳ラッパー

・しづく

 

「今日、蝶々に会えなかった」 
月乃にこ

初冠雪の日に
草刈りをするなんて聞いたとがない

完全に白い雪に覆われる前に
緑は甘い香りをたたせ放つ
なのに
追い討ちをかけるように
チェンソーが唸り
辛うじて保っている緑の撓りを
断ち切った

それでも
蹴散らされた緑は
わずかに晒している茶色の土肌と
震えながら咲き続ける黄色いたんぽぽに
まだ、終わってはいないと
ふり絞るように告げ
凛と冷えた青空に最後の香りを託した

そしてこの今
こめかみを刺す場違いな音のせいで
蝶々が飛べなくなったとしても
私は唇噛み締めながら
息をめいいっぱい吸う

 

「おだやかな白」

雪藤カイコ

 

処方箋に浸食されていても大事に掬う

小刻みに震え視界がぼやける私の感情

言葉を破っている時は我を忘れ

外にいくつもの破裂音を投げる

 

小さな腕が目の前に落ちた

血液が固まっていて冷たい

曇り空はやっと雨を降らせ

灰色の世界を洗い流そうとしている

 

時は戻らない 今が進み 過去は巡らない

性別のわからない小さな腕

土に埋めて白い花を添える

雨が止めば見える筈の太陽

雨水で錠剤を2錠飲み込む

 

少しだけ優しい気分になる

埋めた腕から人間は生まれやしない

壊れた細胞はなにも語ることはない

 

横たわる土に頬をつけて最後の1錠を添えた

来てくれてありがとうと雨に打たれ息を吸う

 

100歳ラッパー
後藤新平


「今は100歳まで生きる時代だから、

100歳までラップ頑張らなくちゃ」
僕にヒップホップの素晴らしさを

教えてくれた親友が、電話ごしに熱く語る。

彼は精神障害者のグループホームで暮らしていて、

何かとままならない生活を過ごしている。
僕は洋服やキャップ、お菓子やコーヒーなんかを送る。

僕らは精神病院の入院先で、同じ部屋だった。
彼が24歳で、僕が28歳だった。
もう17年の付き合いだ。

新しい曲ができる度に、嬉しそうに僕に聴かせてくれる。
障害者のラッパーでNo. 1を目指しているチャック和田に、しばらく
会えていないけれど、眠ればたまに出てきてくれる。

 

しづく

長谷川哲士

 

青年冷徹に人生を哲学する

青葉の匂い前方に座る女子の

背中から漂う濃厚ホルモンの

咽せ返る鼻孔のくすぐり

哲学一時休止せざるを得ず

生命の根源について

いけない思考が環状線のざまに

ぐるりぐるり巡り加速

加速度増して鼻孔は堪らない

忘れようとしても思い出せない

青春と青葉の膨らんでいくさま

駱駝乃首はとても臭くて長いよ

繋ぎ止められた漁船のざまだ

早く漁に出れば駱駝香しい

華々に誘惑されて

青臭い青春の精子

林檎落ちる

蜜柑落ちる

窓から落ちる

あたし落ちるの声隣部屋から

殴る蹴るの競技映像

観る落ちる血湧き祭る

落ちる加速

速度の倍増そして三倍増

行く行く行く産まれる前の世界

 

 

|世話人からの講評

・千石英世より

「今日、蝶々に会えなかった」 
三連目、「それでも」から始まる連がいいですね。力強い。「まだ、終わってはいない」のところ、ここにお示しするようなカギかっこ「 」つけたらどうなるかな? など思いました。

「おだやかな白」

第三連、「時は戻らない 今が進み 過去は巡らない」から始まる連、こわくていいですね。特に「雨水で錠剤を2錠飲み込む」は秀逸至極と思います。こうした具体的な、こと、もの、イメージが詩を輝かせますね。ところでタイトルは? 錠剤の白でしょうか? そうならいよいよお面白い!

100歳ラッパー

良い詩ですね。やさしさと素朴さと楽しさが伝わってきます。リズム感あるし!

しづく

見事なラップと感じます。力があって乱雑で、ちょっとエロで、いや、だいぶエロで。「駱駝乃首はとても臭くて長いよ」はぐっときます。うれしくなります。見事。「乃」もいい感じ!

 

・平石貴樹より

「今日、蝶々に会えなかった」

 なんとなくいいですね。生活的で。

「おだやかな白」

 くりかえし読みました。埋葬は人をやさしくしますね。

100歳のラッパー

 すごい迫力でした。

しづく

 なかなか青春してますね。

 

・渡辺信二より

生きるとは、息すること。

息吐けば、安堵し、息吸えば、落ち着く。

呼吸とは、容易くもかけがえのない行為。歌うのに、息を吐かねばならぬ。友と話すに、息で音を出さねばならぬ。

逆に、吐けば吸うが、吸えば、好まぬ匂いも、吸わねばならぬ。

世の中、なかなかに、ままならぬ。

 


後篇はこちらから

 

バックナンバー

ジャンル

お知らせ

ランキング

閉じる