朝日出版社ウェブマガジン

MENU

日中いぶこみ百景

「いぶこみ」とは「異文化コミュニケーション」の略で、著者(相原 茂 中国語コミュニケーション協会代表)の造語です。日本と中国、行き来が活発となり「いぶこみ」理解の重要性が高まる今、ことば、文化、さまざまな「日中いぶこみ」をお届けします。

写真/小川康博 (『どうちがう?似たもの中国語』朝日出版社刊 より)

著者略歴

  1. 相原 茂

    中国語コミュニケーション協会代表
    1948年生まれ。東京教育大学修士課程修了。中国語学,中国語教育専攻。80~82年,北京にて研修。
    明治大学助教授,お茶の水女子大学教授等を経て,現在中国語コミュニケーション協会代表としてTECCの普及に努める。
    NHKラジオ・テレビでも長年中国語講座を担当。編著書に,『はじめての中国語』(講談社現代新書)『雨がホワホワ』『ちくわを食う女』『中国語未知との遭遇』(ともに現代書館)『ときめきの上海』『発音の基礎から学ぶ中国語 新装版』(ともに朝日出版社)『「感謝」と「謝罪」はじめて聞く日中“異文化”の話』(講談社)『講談社中日辞典<第三版>』『講談社日中辞典』(講談社)など。

ジャンル

閉じる