朝日出版社ウェブマガジン

MENU

日中いぶこみ百景

悪者は誰だ?

あれは何のコマーシャルだったのか。日本語ではよく言うセリフ:

 「痛いの,痛いの,とんでいけー」

これを英語でも,同じように言っていた。

  Pain, pain, go away.

子どもが「痛い,痛い」と泣きじゃくっているのをみて,お母さんがこう言って,痛いところをさすりながら,痛みを遠くに投げ捨てるしぐさをする。

 体をさする「触覚」は「痛覚」よりも脳神経で優先されるため,実際にも痛みが和らぐという。

 多分,痛み止めの薬のCMだったのだろう。それはともかく,日米酷似した表現が有ることは驚きだ。日本がまねたのか,英語がまねたのか。はたまた偶然の一致か。

 

 このように,子どもが石につまづいて転び,痛みを訴えて泣いているとき,中国ではどう言うか。実はまったく違う行動をとる。

 なんと,子どもが転倒したわけをさがし,犯人を特定するのである。それが石だったり,木の根だったり,土の盛り上がりだったりするわけだが,それにバツを与えるのだ。お母さんはそれらを手で打ち懲らしめながら,こう言う。

 「この悪い石め,お前をぶってやる,えい,えい,みんなお前のせいだ!」

お母さんが,自分のために「悪者」を成敗してくれるのを見て,子どもはニコニコと笑顔になり泣き止む。

 日本なら,よそ見をして転んだ自分が悪い。これから気をつけなさい,となるところ中国の子どもは,「自分が酷いめにあったのには犯人がいる」と思う。

 

 それで思い出す事がある。ある時,講演を頼まれた。私はよくアシスタントとして中国人をお願いする事がある。発音してもらったり,ちょっと質問したりするためであるが,人気の女性タレントだと,場も華やいでよい。その時も人気の中国人女性をアシスタントとしてお願いした。

 ところが,お願いした人気のAさんが体調不良のため出られなくなってしまった。急遽代わりの人をお願いした。

  受講者には事前に事情を伝え,講演は何事もなく無事終了した。ところがこの話を聞いた中国人:「それはさぞ文句が出たでしょう」と言う。中国の常識だと必ずクレームがつくと言うのだ。受講者に理があり,非は主催者側にあるのだから。こういう場合,中国人はどこに責任があるかを考え,クレームをつける,という。私は「いや,聴衆は全員日本人の中国語学習者でしたから,特に謝れといった要求も,会費を割り引けという要求もありませんでした」と応えたが,これもまた「日中いぶこみ」かと後で思ったことであった。

バックナンバー

著者略歴

  1. 相原 茂

    中国語コミュニケーション協会代表
    1948年生まれ。東京教育大学修士課程修了。中国語学,中国語教育専攻。80~82年,北京にて研修。
    明治大学助教授,お茶の水女子大学教授等を経て,現在中国語コミュニケーション協会代表としてTECCの普及に努める。
    NHKラジオ・テレビでも長年中国語講座を担当。編著書に,『はじめての中国語』(講談社現代新書)『雨がホワホワ』『ちくわを食う女』『中国語未知との遭遇』(ともに現代書館)『ときめきの上海』『発音の基礎から学ぶ中国語 新装版』(ともに朝日出版社)『「感謝」と「謝罪」はじめて聞く日中“異文化”の話』(講談社)『講談社中日辞典<第三版>』『講談社日中辞典』(講談社)など。

ジャンル

閉じる